バストアップ方法

バストアップってできるか?方法とか

バストアップって、できるものなのでしょうか。家系的に胸が大きくないと、バストアップなんてできないと思ってしまうかもしれません。でも、後天的な努力でバストアップした方もいますから、遺伝だから貧乳なのは仕方がないと諦めてしまうことはないのです。それに、そもそも家系的に胸が大きくなれないのではなく、育乳が妨げられるような生活習慣を受け継いでしまっている可能性もあります。まずは、食生活を中心に生活習慣を見直してみましょう。その上で、バストアップにいいといわれることを地道にやってみてください。

 

一日や二日でバストを大きくすることはできませんが、努力し続ければ少しずつ大きくなっていくはずです。もし、どうしても胸が大きくならないようなら、バストアップサプリなどを試してみるのもいいでしょう。不足しがちな栄養素を補うことで、胸が大きくなった人もたくさんいます。ただ、バストアップサプリを利用する際には、品質の良いものを慎重に選ぶようにしてください。バストアップする方法は色々あります。

 

代表的なバストアップ方法は以下の通りです。
・マッサージ
・豊胸ブラジャー
・サプリメント
・エクササイズ
・豊胸手術

 

胸のマッサージをすると血流が良くなり、栄養を十分に届けることができるようになるため、バストアップが期待できます。それに、豊胸ブラジャーを着用することで、本来よりも胸を大きく見せることができるでしょう。ただ、この場合はあくまでも大きく見せるだけなので、胸自体がサイズアップする訳ではありません。バストアップに必要な成分が配合されたサプリメントを摂取するというのも1つの方法ですが、その効果には個人差があり、バストアップする人としない人がいます。また、中には、全く有効成分が配合されていないものもあるので注意しましょう。エクササイズにより、筋肉を強化することで綺麗なバストラインをつくることができ、結果的にバストを大きく見せることができます。

 

そして、美容整形の豊胸手術を受けると確実にバストアップします。体質を改善するとバストアップしやすくなります。女性に多いのが冷え性ですが、体の冷えはバストアップに悪影響を与えます。バストアップに欠かすことができないのが女性ホルモンの一種であるエストロゲンです。エストロゲンの分泌が活発にならないと胸を大きくすることができません。しかし、冷え性になると自律神経が乱れ、エストロゲンの分泌が低下します。これはバストアップにおいて致命的です。

 

さらに冷え性になると血液の流れも悪くなります。血液の流れが悪いと成長に必要な栄養をバストに届けることができません。冷え性がバストアップに与える影響は非常に大きいので、胸を大きくしたいのであれば、早めに体質を改善した方がいいでしょう。冷え性を改善するのに効果的なのがお風呂です。シャワーだけではなく、しっかりと浴槽に浸かって体を温めてください。全身浴よりも半身浴の方が体を温めるのに向いています。温度は少しぬるいと感じる38度くらいがいいでしょう。