鶏肉 バストアップ

鶏肉とバストアップ

鶏肉でバストアップできるといわれていますが、本当なのでしょうか?結論からいうと本当です。鶏肉にはタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は血や肉を作るのに必要な栄養素なので、これが不足すると胸を大きくすることができません。また、胸が垂れてしまったり、ハリが低下する原因にもなります。そのため、バストアップに鶏肉がいいというのは間違いではありません。鶏肉で一番バストアップにいいといわれているのが、ササミの部分です。ササミは他の部位よりもタンパク質が豊富に含まれているので、効率良く摂取できます。モモ肉の方が好きな人が多いと思いますが、タンパク質が少なめですし、脂質が多いのでおすすめできません。脂質が多いということは太りやすいということです。ササミは脂質も少ないので、たくさん食べても太りづらいです。ササミを使用した料理は色々あるので、毎日食べても飽きがこないと思います。

 

ただ、鶏肉だけだと栄養バランスが悪くなるので、他の食材もしっかりと食べるようにしてください。鶏の唐揚げが好きで、よく食べている人も多いと思います。そんな鶏の唐揚げにバストアップ効果があるというのを知っていましたか?胸を大きくするにはたんぱく質が不可欠です。胸は脂肪でできているので、バストアップするということは、胸の脂肪が増えるということです。そして、胸の脂肪を増やすために必要なのがたんぱく質であり、鶏の唐揚げには豊富なたんぱく質が含まれています。だからこそ、バストアップをしたいなら鶏の唐揚げを食べた方がいいといわれているのです。ただし、鶏の唐揚げばかりを食べていてもバストアップはできません。女性ホルモンの分泌を促す食品も一緒に食べないとバストアップは難しいと思ってください。また、鶏の唐揚げはカロリーが高いです。毎日たくさん食べているとカロリーの摂り過ぎになり、太ってしまう可能性があります。食べるのは悪いことではないですが、ほどほどにしてください。

 

たんぱく質は他の食品からも摂れるので、カロリーを考えながらバストアップを目指しましょう。バストアップには鶏肉がいいといわれています。これは鶏肉に胸を大きくするのに不可欠なタンパク質が多く含まれているからです。また、タンパク質を摂らないと筋肉を維持できないので、バストが垂れてしまいます。そのため、バストアップをしたいのであれば、鶏肉を積極的に食べるようにしてください。しかし、ただ単に鶏肉を食べればいいという訳ではなく、食べた方がいい部位というのがあります。鶏肉の中で最もタンパク質を多く含んでいるのはササミです。ササミはタンパク質を多く含んでいるのにも関わらず、脂肪が少ないという特徴があります。脂肪が少ないということは食べても太りづらいということなので、カロリーを気にすることなく、食事に取り入れることができます。肉にもタンパク質が多く含まれていますが、脂肪分も多くカロリーを気にしながら食べないと体型を崩す原因になるため注意しないといけません。鶏肉を食べてバストアップしたいなら、もも肉ではなくササミを食べるようにしてください。