バストアップ キャベツ

キャベツでバストアップ?

キャベツでバストアップできるといわれていますが、本当なのか気になりますよね?結論からいうとキャベツでバストアップは可能です。まず、バストアップを成功させるためには、エストロゲンという女性ホルモンの分泌を増やす必要があります。エストロゲンは女性らしい体を作る働きを持っており、胸の成長とも深く関係しています。つまり、エストロゲンの分泌が促すことができれば、バストアップできるということです。そこで登場するのがキャベツに含まれているボロンです。ボロンにはエストロゲンの分泌を増やす働きがあります。これがキャベツを食べることによって、バストアップできるといわれている理由です。ただし、バストアップのためにキャベツを食べるなら加熱してはいけません。ボロンは熱に弱い成分なので、加熱すると簡単に壊れてしまいます。そのため、胸を大きくしたいなら、生のキャベツを食べてください。キャベツ以外にもボロンが含まれている食材はあります。ずっとキャベツばかりを食べていると飽きてしまうので、リンゴやプルーン、ピーナッツ、アーモンドといったものも上手く組み合わせてください。

 

バストアップにはキャベツがいいといわれています。これはキャベツにボロンと呼ばれる成分が含まれているためです。ボロンとは野菜・果物に含まれているミネラルのことで、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促進する働きを持っています。バストアップにはエストロゲンの分泌が欠かせないので、ボロンを摂取するのは効果的だといえます。ただ、あくまでもエストロゲンの分泌を促進させる働きを持っているだけで、直接バストアップに作用するわけではありません。そのため、絶対に胸が大きくなるという保証はないです。効果には個人差があり、胸が大きくなる人もいれば、ならない人もいると思ってください。そして、ボロンはキャベツ以外からも摂取できます。レタスやエンドウ、インゲン豆、リンゴ、プルーン、アーモンド、ピーナッツなどにも含まれています。また、ボロンは熱に弱く、加熱をすると簡単に壊れてしまうので注意してください。ボロンを摂取したい場合は加熱をせずにそのまま食材を食べないといけません。

 

キャベツを食べればバストアップできるといわれていますが、事実なのでしょうか?結論からいうとキャベツを食べることでバストアップ効果が期待できます。キャベツにはボロンと呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする成分が含まれています。そのため、キャベツを食べることでエストロゲンの分泌を活発にすることができ、それがバストアップに繋がる可能性があるかもしれません。このように、キャベツに含まれている成分が直接バストアップに働きかける訳ではないので、絶対にバストアップできるとは断言できませんが、その可能性はあると考えていいでしょう。ただし、ボロンは熱に弱い成分なので、加熱すると壊れてしまいます。バストアップのためにキャベツを食べるのであれば、加熱をせずにそのまま生で食べるようにしてください。また、キャベツ以外にもレタスやインゲン豆、リンゴ、レーズン、アーモンドといった食材にもボロンが含まれているので、こういったものも一緒に取り入れてみるのもいいかもしれません。