バストアップ 食事

バストアップと食事

バストを大きくするにはどうしたら良いの?そうお悩みの人もいらっしゃるのではないかと思います。人間は楽な方に流されがちですので、なるべく楽な方法でバストアップできたら良いのになぁと考えてしまうものではないでしょうか。もし、普段摂っている食事でバストアップ出来たら嬉しいですよね。実は、バストアップに効果的な食べ物があるんです。バストアップに効きそうなものとして真っ先に思いつくものは、豆乳ではないでしょうか。豆乳にはイソフラボンが含まれていて、この成分がエストロゲン(女性ホルモン)と似たような働きをすると言われています。他にイソフラボンが含まれている食品として、納豆・大豆・豆腐・枝豆などの大豆加工製品が挙げられます。また、過去に某女性芸能人が「キャベツを食べたらバストアップした」と話した事がニュースで取り上げられたのを覚えている方もいらっしゃるかもしれませんね。実際にキャベツにはボロンというミネラルが含まれており、これはエストロゲンの分泌を高めて活性化させる働きがあります。キャベツ以外にも、りんご・ぶどう・梨・レーズン・わかめ・めかぶなどが挙げられます。それ以外にも、ビタミン類やアミノ酸といった栄養素の多いマグロ・牡蠣・うなぎなどもバストアップに効果的とされています。バストアップに効く食べ物は様々ありますが、同じ物ばかり食べ続けては意味がありません。栄養が偏ってしまうからです。これらの食べ物を上手にバランス良く組み合わせて食べる事で、効果が発揮されるのです。食べ過ぎにも気をつけながら毎日の食事に取り入れて、美しいバストを手に入れたいですね。

 

どうせなら楽しくバストアップしたいですよね?辛いと長続きできないので、バストアップが失敗に終わってしまいます。そこで試して欲しいのがお菓子を食べてバストアップする方法です。これならどんなに飽きっぽい人でも続けられると思います。当たり前ですが、お菓子なら何でもいいというわけではありません。バストアップが期待できるお菓子は限られています。身近なものでいうとマシュマロがバストアップできるお菓子として有名です。マシュマロにはゼラチンが含まれています。ゼラチンはコラーゲンの吸収を高めることができるので、バストアップにプラスの影響を与えます。食べ過ぎると太ってしまうので、一日10個くらいを目安にしてください。そして、おはぎもバストアップにいい食べ物です。小豆にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンの分泌を促す成分が含まれています。女性ホルモンが増えれば、胸が成長しやすくなるので、イソフラボンの摂取はバストアップに欠かせません。

 

効果的に食べ物でバストアップしたい場合は摂取するタイミングにこだわるのもいいでしょう。どのタイミングで摂取するのかによって、バストアップ効果に大なり小なり影響を与えます。摂取するタイミングは女性の生理周期と関係しています。例えば、エストロゲンの分泌を活発にする食べ物は、エストロゲンが分泌される月経期、卵胞期、排卵期に食べるようにしましょう。プロゲステロンが分泌される黄体期には、プロゲステロンを正常化する働きがある食べ物を取り入れてください。黄体期にエストロゲンの分泌を活発にする食べ物を取り入れるとホルモンバランスが乱れてしまうので、バストの成長を阻害してしまう恐れがあります。また、特に健康上の問題がない場合には、プロゲステロンは黄体期になると大量に分泌されるため、あえてプロゲステロンの分泌を活発にする食べ物は食べる必要がありません。それよりも、エストロゲンの分泌を活発にする食べ物を控えるというのを意識した方がいいでしょう。

 

偏った食事はバストアップに良くないといわれています。つまり、バストアップ効果がある食べ物ばかりを食べていても胸は大きくならないということです。特定の栄養ばかりを摂取していてもバストアップするのは不可能です。毎日の食事で様々な栄養をバランスよく摂取するということがバストを成長させるためには必要になってきます。これはバストアップだけではなく、健康や美容にもいえることです。栄養バランスの悪い偏った食事を続けていると健康に支障をきたすことがありますし、肌がボロボロになります。脂肪もつきやすくなるので、肥満のリスクも増えます。偏った食事をしていても何もいいことはありませんから、肉ばかり食べるような食生活ではなく、野菜も積極的に取り入れるようにしましょう。逆に、野菜ばかりを食べていてもバストアップはできないので、タンパク質を多く含む肉も適度にとることが大切です。バストアップにいいと聞けばその食べ物ばかりを食べてしまう人も多いですが、それでは逆効果なので注意しましょう。